活動報告

2/17深大寺の「かいぼり」に参加しました

 2月17日(土)、深大寺でかいぼりがありました。北川かっぱの会からは3名が参加しました。関連の新聞記事は下記のとおりです(朝日新聞、調布経済新聞)。

https://www.asahi.com/articles/ASL2J6SY7L2JUULB002.html?iref=comtop_list_are_nt01

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000017-minkei-l13

以下、北出さんからの参加報告です。

  「調布市の深大寺で2/17(土)かいぼりの支援をしてきました。深大寺山門の近くにある亀島弁財天池です。檀家さんや地元消防団がスタッフとなり、ボランティア等100名が参加しました。深大寺の若いお坊さんも袈裟を胴長に替えて参戦。
 水の濁りの原因とされるコイはたくさんいましたが、他にみつかった外来種はミシシッピアカミミガメが2匹だけで、ブラックバスはもちろんアメリカザリガニもいませんでした。どこでも外来種だらけになっている近年の池。1300年の歴史のある深大寺は違いました。
 作業の大半は堆積したヘドロのかきだ出しでした。近年かいぼりといえば、外来種駆除が中心ですが、もともとの意味でのかいぼり(漢字では、掻い掘りと書きます)作業でした。堆積物の除去や池の改良を目的としたかいぼりが増えてもいいなと思いました。(はんべぇ)」fish(2月19日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/17北山公園整備計画等意見交換会に参加しました

  2月17日(土)北山公園整備計画等意見交換会(いわゆる「川端会議」;東村山市主催)が開催されました。市や市民団体、一般市民で北山公園の環境保全策を中心に意見交換を行いました。北川かっぱの会からは3名が参加しました。
 当日は、市より今年度事業の外来種防除事業(講座3回、イベント2回)や北山公園水路整備工事の実施設計について、来年度事業として予定されている北山公園水路整備工事や生物モニタリング調査、かいぼり事業について予算案に基づき説明がありました。北川かっぱの会からは、2018年の外来生物駆除案と「水と緑の掲示板」掲示案について説明を行いました(下記のファイルを参照)。

「20180217kawabatakaigisiryoukappanokai.docx」をダウンロード

 今回、最も議論になったのは、しょうちゃん池のかいぼり関連の話です。しょうちゃん池では外来生物の駆除を目的として、今年4月中旬~下旬に「かいぼり」が実施される予定です(市議会での予算案の決定後に正式決定)。北川かっぱの会では、この「かいぼり」に併せ、ボランティア等を活用することにより、しょうちゃん池とその奥の湿地の環境を改善していくこと、具体的には、①池の水際(水面~湖底)に積んである玉石を移動させ、自然に近い状態の水際(水中の地形)とすることにより魚の隠れ場所を作っていくこと、②水際に在来植物の植生帯をつくっていくこと、③乾燥化している湿地の環境を改善していくために、しょうちゃん池(南側)から導水すること、について提案を行いました。これらの内容は、これまでの意見交換会で出てきていたものばかりであり、池の水を抜くという絶好のチャンスを生かし環境改善につなげていくことができれば、という市民の声が多く聞かれました。

 次に議論となったのは、北山公園水路整備工事の実施設計についてです。東屋の北側にある菖蒲田(7面分)について、株分け時に1面づつ水をぬくことができるようにするため、菖蒲田内に新たな水路が設ける設計となっています。この水路の側板と杭は再生プラスチック材を使用し、水路からの漏水を食い止めていくために水路の底には塩化ビニル材を敷き詰め、押さえとして天然砕石を敷き詰める案となっています。意見交換会では概ねこの案について合意形成がなされたと思われました。実際の工事は今年11月以降に実施される予定です。fish(2月18日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/10野鳥観察会を開催しました

Dsc_4874 2月10日(土)、狭山公園で会員向けの野鳥観察会を開催しました(写真;北出さん撮影)。永島さんの解説で10名が参加しました。以下、北出さんからの報告です。

 10時、狭山公園公園管理事務所前に集合。たっちゃん池に向かって南側のほうへ歩き出しました。途中、オギ・ススキの生い茂る(今は枯れているけど)地帯があります。こういうエリアは東村山市内ではここだけだそうです。ここではホオジロを期待したのですが、声はすれども姿はみせず。残念。たっちゃん池ではスカ。でも透明度があって(底も見えて)きれいでした。たっちゃん池の横から堤防に上がってゆくところで、アオジ、シロハラが姿を見せました。藪の中でよく見ますが、動きがはやく、これまでじっくりみることができませんでした。ところが今日はどうしたわけか至近距離でじっとしていて、双眼鏡いらずで長い時間観察することができました。
Dsc_4877


 多摩湖堤防に上がり、湖面をみると、ポツリポツリと波紋が広がっています。カンムリカイツブリとハジロカイツブリが遠くに見え、時々潜水・浮上して波紋を作っているようでした。とても静かな湖面だってのですが、遠くのほうからこちらに近づいてくるカンムリカイツブリの大集団を発見。100羽近くいたようです。その大集団がだんだん近づいてきて、私たちの目の前で、向きを横に変えて、目の前を通り過ぎつつ、一斉に潜水する様子を僕は初めてみました。堤防から降りてくるとタヒバリが道路にちょこんといました。ヒバリの名前ですがセキレイだそうです。堤防内に入ってしまうと、枯草との完全保護色でどこにいるのかわからなくなってしまいました。

 大物はいなかったようにおもいますが、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、タヒバリは、この時期、この場所を代表する野鳥だそうで、彼らに遭遇できたのは今回の野鳥観察会の大きな収穫でした。ぐるりと堤防を回ってきただけですが、あっという間の2時間。比較的暖かい日で楽しい観察会でした。それにしてもカンムリカイツブリの大集団は迫力あったなぁ。chick(2月11日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/14八国山わいわいミーティングに参加しました

  1/14(日)、八国山わいわいミーティングに参加しました。狭山丘陵の都立公園では、枯木の伐採や更新伐採などで毎年、多くの木が伐採されています。今までは、それらの伐採木は処分されていましたが、その資源としての有効活用の方法が長年の課題となっていました。八国山緑地では、2016年度に大規模な更新伐採が行われ、大きくなったコナラなどの木が切られ、切り株から伸びた芽を育て雑木林の若返りが図られています。

 ミーティングには薪ストーブ愛好者やシイタケ栽培者、公園ボランティア、自然保護団体の関係者など約40名が集まりました。前半は、八国山緑地で更新伐採地やボランティアによる管理地、玉切り材の状況などを見学し、後半は多摩湖ふれあいセンターで他公園での事例紹介やワークショップ形式による意見交換が行われました。意見交換では、実施したいイベントとして、薪割りや五右衛門風呂、キャンプファイヤー、アスレチック、工作(家具、ツリーハウスなど)、防災体験などが、伐採木がもらえるのであれば参加してもいいと思うイベントとして、シイタケ栽培、玉切り、外来種防除などがあげられました。また、その他の意見として、昆虫等のためにもある程度の倒木はそのままにすべきこと、雑木の加工品を八国山ブランドとして販売することなどの意見が出ました。

 雑木林の資源活用は都立公園だけの課題ではなく、たとえば市立多摩湖緑地などでも検討していく必要がありそうです。clover(1月21日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいぼりサイトを立ち上げました

 かいぼりサイトを立ち上げました。

 北川かっぱの会では、これまで北山公園しょうちゃん池や狭山公園たっちゃん池のかいぼりに取り組んできましたが、このほどこれまでのかいぼりについてまとめた「かいぼりサイト」を立ち上げました。

http://kitagawakappanokai.la.coocan.jp/kaibori/
ホームページのトップ画面からもアクセスすることができます。

 また、1月13日(土)~14日(日)に井の頭池の3回目となるかいぼりが予定されています。

井の頭恩賜公園100年実行委員会サイト http://inokashirapark100.com/water_green/news/index.html

関心のある方は見学に行ってみてはいかがでしょうか。fish(1月12日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/6土曜子ども講座「野鳥観察八国山」を支援しました

D2x_0018 1月6日(土)、北山・南台・富士見小合同の土曜子ども講座「野鳥観察八国山」を支援しました(北出さんからの報告;写真も北出さん提供)。

 3校で11人の児童と、スタッフ7人(講師含む。7人のうち5人がかっぱの会)の計18人で、八国山を鳥を求めてさまよってきました。西武園駅側から八国山に入って、お昼を北山公園で、そのあと、再度八国山をめぐり、たいけんの里がゴール。たいけんの里をちょっと見学してから解散しました。
D2x_0027



鳥の出現はまあまあかなという感じでしたが、お昼休みタイムに、北山公園のしょうちゃん池にカワセミが飛来。じっくり観察ができました。ここ数年、しょうちゃん池からカワセミが姿を消していました。が、外来種駆除の成果? かどうかはわかりませんが、戻ってきて子どもたちの前に姿を現してくれたのはとてもうれしかったです。やっぱ綺麗だわ。カワセミ。

chick(1月7日)

D2x_0030


D2x_0073


D2x_0088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年を振り返って

今年も残すところあとわずか。今年は皆様にとってどのような年だったでしょうか。北川かっぱの会にとっても、今年は様々なことがありました。以下、今年の重大ニュースを振り返ってみました。

Img_0151one 北山いきものクラブをスタート!(写真) →北山公園内や北川で捕れた魚などを水槽に展示し、公園内で来園者と一緒に魚捕りをしました。(関連記事4月9日、7月8日、……付ブログ)。

two 北山公園で水路改修のための調査設計がはじまる! →昨年の水抜き事件を契機として、個々の菖蒲田の水を抜くことができるよう改善する目的で、調査設計が実施されています(関連記事9月3日、5月14日付ブログ)。

three 外来生物の捕獲作業で、多くのウシガエルやアメリカザリガニを捕獲! →5年目に入った外来生物の捕獲作業ですが、今年はウシガエル成体捕獲数が100を超え、アメリカザリガニの捕獲数が1000を超えました。

今年の捕獲結果(pdfファイル) →「2017gairaiseibutuhokakukekka.pdf」をダウンロード

(関連記事11月15日、……、付ブログ)

Imgp4086

four 東村山市主催の外来種バスターズ入門講座、外来種捕獲イベントが開催される! (写真)→東村山市もなかなかやるな。凄い!(関連記事7月11日、8月1日、9月10日、10月1日、11月29日付ブログ)。

five 八国山の姿が一変!(写真) →八国山緑地生物多様性保全利用計画の関連整備事業が完了し、八国山の姿が一変しました。今年度は狭山公園でも同様な検討を行っています。(関連記事3月29日、7月21日、12月23日付ブログ)。20170308_135440

six 宅部池に北川の魚を放流! →在来種がほとんどいなくなってしまった狭山公園宅部池に、北川の在来種を放流しました。(関連記事11月5日付ブログ)

seven 20170506_152810水と緑の掲示板のマップをリニューアル!(写真) →5月から「北川・八国山・北山公園のいきものにリニューアルしました。(関連記事5月7日、……付ブログ)

eight 雨によるイベントの中止が相次ぐ! →秋の北川クリーンアップ(10月)、北山いきものクラブ(5月、10月)、北山小土曜講座(5月、10月)、南台・富士見小土曜講座(9月)などが雨で中止となり、例年になく雨にたたられました。

nine 盛況だった北山わんぱく夏まつりsun →天気に恵まれ参加者も多く盛況でした。今年も多くのボランティアの支援をいただきました。(関連記事8月5日、8日、13日、16日付ブログなど)。Dsc_4194

onezero 茫々亭がなくなる!(写真) →長い間、北川かっぱの会の拠点として大きな役割を果たしていた「茫々亭」が、初代代表の三島さんが南伊豆町に転居されるのを機のクローズされることになってしまいました。 (関連2月27日付ブログ)

以上、いかがだったでしょうか。 今年1年間のご支援に深く感謝させていただきます。皆さん、どうかよい年をお迎えください。fish(12月29日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「狭山公園 生物多様性保全利用計画検討会」に参加しました

12月18日(月)東京都西部公園緑地事務所主催の第2回狭山公園生物多様性保全利用計画検討会(以下、検討会)」が開催されました。検討会は、狭山公園における生物多様性やその保全利用計画に関して、有識者、市民団体、自治会関係者、市、指定管理者、都西部公園緑地事務所、都水道局などの意見を基に検討を行っていくもので、30名弱の参加がありました。今回の検討会では、秋季調査までの調査結果報告(植生図・注目種の生育・生息状況など)や保全重点地区案の報告の後、保全利用計画の方向性について意見交換を行いました。水辺関係では、宅部池について水際に水生植物が繁茂するような改善をすべきであることや、かいぼり時に排水しやすい構造とすること、水辺観察を目的とした浮桟橋の設置などが、宅部池源流部について木道の閉鎖を行い重点的に保全していったらどうかなどの意見が出ました。検討会は今年度あと1回(2月~3月頃)開催され、狭山公園の保全利用計画が策定される方向です。北川かっぱの会としては、当会の活動目的ともなっている「北川の清流復活と緑の保全」に極めて重大な影響のある検討会であると思われることから、積極的に関与していきたいと考えています。fish(12月23日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっぱ通信120号を発行しました

Img_20171217_150306_burst001_cove_2 12月17日(日)、かっぱ通信120号の印刷、発送作業を行いました。かっぱ通信120号には、今年の北山いきものクラブの活動報告の他、狭山公園宅部池に北川の魚を放流した記事、今年の外来生物の捕獲状況と外来生物慰霊祭の記事、市主催「外来種バスターズ入門講座」参加報告、南台・富士見小土曜講座の報告記事などが掲載されています。かっぱ通信120号は「八国山たいけんの里」や公民館などでも入手することができます。会員の皆様には、今週、お手元に届くと思われます。fish(12月17日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市主催「外来種バスターズ入門講座」に参加しました

Pb260004 11月26日(日)市主催「外来種バスターズ入門講座」の第3回「成果発表と修了式」が開催となりました(写真は北出さん撮影)。今回は、7月の第1回、9月の第2回の講座の成果をスライドで振り返り、その後、ワークショップ形式で各自が「参加して感じたことや想ったこと」、「今後、どんな活動がしたい?どんなことが必要だと思う?」ことを付箋に書き出し、それを大きな紙に貼りました(写真中、下)。Pb260011

 「参加して感じたことや想ったこと」では、意外に駆除が大変だった(特に植物)という意見が多かった一方、参加して楽しく学ぶことができたという意見が多い状況でした。また、「今後、どんな活動がしたい?どんなことが必要だと思う?」ことでは、来年度以降も外来種防除イベントに参加したい、外来種の知識をもっと深めたいなどの意見があった他、しょうちゃん池の「かいぼり」を体験したい、外来種(ザリガニやウシガエル)を食べてみたいという意見が中学生を中心に多く出ました。また、北山公園の中に「外来種特別区」を設置して、自由に捕獲できるようにしたらどうかという意見もありました。

Pb260036


 市主催の「外来生物バスターズ入門講座」は今回で終了となりますが、来年度も今年の参加者を中心に、何らかの活動が継続していくことを期待したいと思います。fish(11月29日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧