ニュース

5/27空堀川・川まつり

 5月27日(日)は、空堀川の川まつりです。空堀川に清流を取戻す会から案内が届きました。北山わんぱく夏まつりとは、少し趣が違うまつりです。

「20180527karaborikawamaturi1.jpg」をダウンロード

「20180527karaborikawamaturi2.jpg」をダウンロード

fish(5月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北山公園でかいぼりのボランティアを募集(市役所)

4月21日(土)に開催予定のしょうちゃん池のかいぼり(東村山市主催)で、参加者の募集がはじまります(市報4月1日号;掲載内容は下記)。

www.city.higashimurayama.tokyo.jp/tanoshimi/shizen/midori/kaiboriboranthia.html

なお、北川かっぱの会の会員は別枠での参加となります。fish(3月30日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井の頭池で池岸付近に浅場の整備

 今年1月に3回目のかいぼりが実施された井の頭池で、池岸付近でボランティアによる浅場の整備が実施されました。現状では、岸のほとんどが垂直護岸になっていますが、そこへ泥を寄せてヨシやヒメガマなどの抽水植物が生息できる浅場を整備することにより、水生昆虫のすみかや稚魚の成育場所の他、水鳥の休憩や営巣場所になることが期待されます。

井の頭池だより29の関連記事はこちらhttp://inokashirapark100.com/inokashiraike29/index.html

井の頭池では、池の水を溜め初めているとのことです。

 4月には、我が北山公園「しょうちゃん池」でもかいぼりが予定されていますが、井の頭池同様、生物が生育、生息しやすい環境づくり(池の改良)が望まれるところです。fish(3月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東村山市の2018年度予算案

 東村山市の2018年度予算(当初案)が先週末、公表になりました。予算案では、北山公園生物調査・保全推進事業の中で、トウキョウダルマガエル等の希少種の保全や、かいぼりの実施が、寄付金の活用でかいぼりの実施等が掲載されています(下記の資料、P19~20参照)

www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/gyozaisei/gyozaisei/yosan/yosan_h30.files/30gaiyou_an.pdf

予算案は2月末~3月の市議会での審議を経て、正式に決定される予定です。北川かっぱの会では、市や市民との連携により、北山公園の生物多様性保全に向けて活動していきたいと考えています。fish(2月12日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深大寺の弁天池でかいぼり

2月17日(土)、深大寺の弁天池でかいぼりが行われます。本日の朝日新聞の多摩版で紹介されていました。

新聞記事はこちら https://www.asahi.com/articles/ASL105H4WL10UTIL01Q.html

北川かっぱの会からも数名が参加する予定です。fish(2月8日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都立公園でかいぼりを本格実施か

東京都の2018年度予算案で、都立公園内のかいぼりが本格的に実施される案が示されています。概要は以下のとおりです。

「都⽴公園における⽔辺の再⽣(都⽴公園におけるかいぼり等の実施) ㉚2億円(新規)  → 都⽴公園の全池約100か所について、かいぼり等の実施の可能性を検討するとともに、⽇⽐谷公園の⼼字池など10池で、かいぼり等を実施

主要な施策資料(下記のP.69参照)

www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/01/26/documents/21_00_06_1.pdf

2010年に狭山公園・宅部池からはじまった「かいぼり」の流れは、井の頭池の「かいぼり」で大きな流れとなり、昨今の「かいぼり」ブームで一気に予算化の流れになったということでしょうか。今後の展開に大いに期待したいと思います。fish(1月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井の頭池のかいぼり

 1月13日(土)と14日(日)に井の頭池でかいぼりイベントが開催されました。以下に関連記事を掲載します。今回は残念ながら参加することができませんでしたが、在来種が多く生息するようになったことはとてもよかったと感じています。

読売新聞 www.yomiuri.co.jp/eco/20180114-OYT1T50071.html

朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASL1F53Q5L1FUTIL00S.html

毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20180114/k00/00e/040/160000c

東京新聞 www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011302000237.html?ref=daily

fish(1月14日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

Img_20180101_065255_burst001_coverあけましておめでとうございます。

 今年が皆様にとって、また北川流域にとってよい年となることをお祈りしたいと思います。

 今年も「八国山、北山公園一帯の緑の保全と、その前を流れる北川の清流復活」を目指し、初心に立ち返って活動していきたいと思いますので、皆様方のご理解、ご協力をいただけますと幸いです。

 今年も、様々なイベントで、皆様方の参加をお待ちしております(写真は多摩湖堰堤からの初日の出(北川流域方面を撮影))。fuji(1月1日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新河岸川水系で見られる魚類や水生生物

 埼玉県南部漁協の佐藤正康さんから、新河岸川水系の主な魚類と水生生物の一覧が届きました。佐藤さんは新河岸川水系の各河川(北川を含む)を訪れ、調査や撮影を行いました。なかなかの力作です。

添付ファイル(pdfファイル)→ 「2017sinngasigawasuikeigyorui.pdf」をダウンロード

北川で見られる魚類や水生生物はこれらの内の一部ですが、下流側で見られる魚類の種類がとても多いことがわかります。fish(11月19日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭山公園宅部池で絶滅危惧種ミゾフラスコモが復活!

 10月13日の東京新聞(夕刊)に、狭山公園宅部池で環境省のレッドリストで絶滅危惧(きぐ)I類に分類されている希少な淡水藻の一種「ミゾフラスコモ」が、生育していることが分かったという内容の記事が掲載されました。かつて宅部池に生育していたミゾフラスコモが環境の変化でいったん消え、泥の中に埋まっていた胞子がかいぼりによって発芽し、復活した可能性が高いと思われ、昨年1月に実施された「かいぼり」の大きな成果とも思われます。記事はコチラ→

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017101302000254.html

fish(10月15日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧