ニュース

井の頭池かいぼり報告会

20170129_160255 1月28日(土)の午後、三鷹市公会堂で「井の頭池かいぼり報告会」がありました。井の頭池では、2014年1月~3月と、2015年11月~2016年3月に「かいぼり」が実施されましたが、報告会では、池の自然が再生していく様子などについて報告がありました。「かいぼり」は、開園100周年(今年5月)に向けて「井の頭池を昔の姿に戻そう」と、都と市民活動団体などが取り組んできたもので、過去2回の「かいぼり」には、北川かっぱの会からも有志が参加してきました。

 報告会には300人以上の市民がかけつけ、「イノカシラフラスコモ」が約60年ぶりに確認されたこと、「かいぼり」後、モツゴやスジエビ、ギンブナなどの在来魚が増えてきていること、オオクチバスは一切確認されていないがアメリカザリガニが増え、カゴワナを使った防除に本格的に取り組んでいること、などの報告がありました。また、東京都西部公園緑地事務所の生物多様性保全に向けた施策の本気度、「かいぼり」を支える井の頭かんさつ会や井の頭かいぼり隊(都が募集)、そして認定NPO法人生態工房の熱意が伝わってくる報告会でした。

 報告会の内容の詳細(上の写真の資料集の中身)については、2月以降、東京都のホームページで公開されるとのことです。井の頭池では今年2017年12月~2018年3月に3回目の「かいぼり」が予定されています。fish(1月29日)20170128_134834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八国山緑地で工事が始まっています

20170102_140508 八国山緑地で多様な生物が生息する公園づくり関連の工事がはじまっています。昨年度、都の事業で八国山の保全や利用計画案を検討してきましたが、その内容が固まり、来年3月頃にかけ、工事が実施されることになりました。具体的には、二つ池周辺を重点地区にして水辺の保全や萌芽更新による雑木林の保全を図り、併せて里山体験林を整備。その他の区域についても常緑樹の伐採や下草の管理等で雑木林の保全を図っていく樹林ゾーンと、原っぱを中心とした草地ゾーンとしていくなどの内容となっています。今後の工事の状況について見守っていきたいと考えています。(関連記事;昨年2月28日、7月24日、10月23日、12月28日付ブログ)。fish(1月4日)20170102_140453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/28井の頭池・かいぼり報告会

 東京・武蔵野台地にある井の頭池では、昨年末から今年初めにかけ、2回目の「かいぼり」が行われました。北川かっぱの会からも有志がこの「かいぼり」に参加しましたが、この「かいぼり」によって、さまざまな在来種が回復しつつあります。「かいぼり」後のモニタリング結果から「かいぼり」の成果を確認し、これからの自然再生について考えるための報告会が下記により開催されます。

2017年1月28日(土)
開演 13:30-16:30(開場 13:00)
申込先着順(350名)、参加無料
三鷹市公会堂(三鷹市役所となり)

詳細はこち →

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/12/12/04.html

fish(12月16日)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

写真展「いのちの森に暮らす」

20161116_163548 ハンセン病療養所多磨全生園(東村山市)の「人権の森」構想の普及啓発活動の一環として、写真展が開催されます(主催;多磨全生園入所者自治会、東村山市)。

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/danjo/jinken/fukyuukeihatsu/kikaku20161019.html

この写真展では、一昨年に多磨全生園入所者自治会と東村山市が共同制作した写真集(写真参照)に収められている写真が展示されます。なお、この写真集は、北川かっぱの会の会員である宇井眞紀子さん、そして広瀬敦司さんが写真撮影、北川かっぱの会の三島悟さんが編集を行いました。12月と1月にそれぞれ開催されますので、皆さまのご来場をお待ちしております。fish(11月16日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAYAMA HILLS DAY

2016110312220000 11月3日(祝)、狭山公園で「SAYAMA HILLS DAY(西武・狭山丘陵パートナーズ主催)」が開催となりました。今年で5回目となるイベントですが、秋晴れの好天に恵まれました。会場となった狭山公園では、マルシェ(狭山丘陵各所の魅力的な店)やミュージックライブ(民族打楽器奏者ヤマザキヤマト氏のライブ写真上)などがあり、多くの家族連れでにぎわっていました。また、北山公園や八国山界隈ではタヌキやハクビシンが確認されている他、アライグマの足跡も確認されていることから、狭山丘陵に暮らしている動物の剥製の展示を興味深く見学しました(鳥類の他、キツネやタヌキ、アライグマ、……今年初めてウサギもいました。写真下)。fish(11月3日)2016110312440000




| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/22空堀川の見学会のご案内

 柳瀬川流域ネットワークの一員である空堀川を考える会より、見学会へのお誘いが来ております。ご関心のある方の参加をお願いいたします。

ファイル(word)はこちら →「20161022karaborikenngakukai.docx」をダウンロード

概要は以下のとおりです。

1.    集合日時・場所:2016.10.22(土)集合14時 立野橋

多摩モノレール終点「上北台駅」下車、新芋窪街道を北へ

2.    コース:立野橋➡五中橋➡芝中調整池➡中砂の川橋➡山王橋➡東芝中橋➡

未整備    一部整備済み

砂の川橋➡新庚申橋➡新丸山一の橋・二の橋➡新宮前一の橋➡下砂橋➡

   整備中       新川整備済み・旧川未整備

高木橋➡狭山橋➡上砂一の橋・二の橋➡清水大橋 ➡清水集会所(予定) 

整備中        整備済み 

3.    意見交換:見学終了後、1時間。 終了は17時の予定。

(会場は、清水集会所を予定。 最寄り駅は、多摩湖線「武蔵大和駅」)

4.    その他:見学コースは、変更になる場合もあります。

5.    申込み:参加費無料、資料準備の都合上、下記にお申込み願います。

6.    連絡先:小倉 携帯 TEL 070-5467-6860、

PCアドレス  yasogura@jcom.zaq.ne.jp

fish(10月14日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民普請大賞2016の予選を通過しました

 北川かっぱの会では、土木学会が主催する「市民普請大賞2016※」に応募していましたが、このたび、予選を通過(書類選考を通過)した旨の連絡が届きました。

応募内容はこちら(wordファイル) →「siminnbusinntaisyou2016.docx」をダウンロード

決勝(最終選考)は11月23日(祝)に土木学会講堂(新宿区四谷1丁目外堀公園内)で、全国の6団体で争われます。皆様方の応援をお願いいたします。

※市民普請大賞とは →土木学会では、2014 年、創立100 周年を記念して「市民普請大賞」を創設しました。全国から78 件の応募があり、書類選考、プレゼンによる公開選考を経て、グランプリ1 団体、準グランプリ2 団体、優秀賞2 団体を決定しました。
2015 年にはグランプリを受賞した「グラウンドワーク三島」の実践地を訪れ「市民普請大賞・全国交流会議2015」を開催しました。
そして今年2016 年は、市民普請の更なる展開と普及、活動団体の交流を目的に、「第2 回市民普請大賞2016」を開催します。

fish(9月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(重要!)ホームページのURLを変更しました

 本日、北川かっぱの会のホームページのURLを

http://kitagawakappanokai.la.coocan.jp/

に変更しました。当分の間、従来のURL

http://homepage3.nifty.com/kitagawakappanokai/

にアクセスした場合には、自動的に新しいURLに転送されます。

なお、ブログのURLに変更はありません。

引き続き、当会のホームページやブログについて、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。fish(9月11日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「北山わんぱく夏まつり」の写真展

20160904_151013 東村山駅西口「サンパルネ」3階の市民ギャラリーで、「夏の日の思い出」と題した写真展が開かれています。写真はサンパルフォトクラブの坂本登さんが撮影したもので、今年の北山わんぱく夏まつりが題材となっています(写真)。写真展は9月14日(水)までで、最終日は17:30までの展示となります。fish(9月6日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/10版・読売新聞「うるちゃんねる」で紹介されました

20160809_174610 8月10日発行の読売新聞うるちゃんねる(月1回、読売センター東村山発行;10日付の読売新聞と一緒に配布される予定)で、北山公園の自然や北川かっぱの会の活動が紹介されました(写真)。8月7日の北山わんぱく夏まつりの記事が掲載されているのにもかかわらず、発行が遅くなってしまったのが残念ですが、北山公園の豊かな自然や外来生物、遊びのポイントが一目でわかるようになっています。この記事をきっかけとして、北山公園の環境保全につながっていくことを期待したいと思います。fish(8月9日)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧