« 外来生物の捕獲を行いました | トップページ | 空堀川の輝き+川まつり »

北山公園の生物調査が実施されることになりました

  5月16日(土)北山公園整備計画等意見交換会(いわゆる「川端会議」)が開催されました。北川かっぱの会からは4名が参加しました。意見交換会の場で、今年度の北山公園関係の委託業務として新規に、①水量確保検討業務と、②生物調査及び保全検討業務が採択されたことが判明しました。2つとも、意見交換会でこれまで大いに議論してきたもので、公園の自然環境の保全が一歩前に進むことになりそうです。この内、②の生物調査及び保全検討業務では、北山公園に生息、生育する両生類、爬虫類、魚類、希少な植物を中心に、その現状を把握し、希少種も含めた在来生物の保全についての有効な方策についてまとめようとするもので、とても意義深い事業であると思います。

 上記の他、意見交換会では、外来生物の防除策(より効果的なアカミミガメやウシガエル、オオフサモの駆除方法)や北川の落差工の解消の方向性(保生園下の落差工が改善されたことから、他の落差工についても解消していくことができないかどうか)、しょうちゃん池の改善(生き物が生息しやすいよう水底に凹凸をつける、「かいぼり」を実施するなど)、子どもがどろんこになって遊ぶことのできる場所(場所を「子どもエリア」のように限定するのではなく、生き物とふれあえるような場所をあちこちに残すなど)などについて意見交換を行いました。

 なお、17日(日)の北川クリーンアップの後、しょうちゃん池奥の氾濫原(写真;アシの刈り取りを行った直後で、氾濫原の様子がよくわかる)について見学会が開催され、意見交換を行いました。2015051609140000

 全般を通じ、今回も有意義な意見交換会であったと感じました。参加された皆様方、お疲れ様でした。(5月21日)

|

« 外来生物の捕獲を行いました | トップページ | 空堀川の輝き+川まつり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北山公園の生物調査が実施されることになりました:

« 外来生物の捕獲を行いました | トップページ | 空堀川の輝き+川まつり »