« 身近な水環境の全国一斉調査結果 | トップページ | 「八国山・北山公園の生き物観察ガイド」が読売新聞の記事で紹介されました »

空堀川でワンドの試験施工が実施となります

 市内を流れる空堀川の御成橋左岸で、JR武蔵野線のトンネル内の湧水を活用したワンド(池・水路)の整備が予定されています。

ワンドのイメージなど →「2201206.pdf」をダウンロード

御成橋周辺整備計画 →「2201206pdf.pdf」をダウンロード

 JR武蔵野線のトンネル内からは豊富な湧水が流出しています。これまでこの湧水は下水として下水管に排出していましたが、このほど関係機関と協議した結果、空堀川に流出する方向で話がまとまりました。御成橋の袂からの流出水を直接、川に流出させるのではなく、左岸側に水路や池を作り、水生生物などが生息しやすい環境整備を目指します。本格的な工事は今後3年以上かけて実施される予定ですが、本格的な工事に先立ち、6月26日(火)~28日(木)に市民も参加して試験施工を実施する予定です。ご関心のある方の参加をお待ちしております(空堀川に清流を取り戻す会;談)。北川流域の環境を復元していくためにもワンドの整備や水生生物の生息状況について注視していきたいと思います。(6月20日)

|

« 身近な水環境の全国一斉調査結果 | トップページ | 「八国山・北山公園の生き物観察ガイド」が読売新聞の記事で紹介されました »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空堀川でワンドの試験施工が実施となります:

« 身近な水環境の全国一斉調査結果 | トップページ | 「八国山・北山公園の生き物観察ガイド」が読売新聞の記事で紹介されました »