« 多自然川づくりの報道、延期 | トップページ | たっちゃん池のブラックバスを考える意見交換会を開催 »

今年の夏まつりについて

今年の「北川わんぱく夏まつり」は8月2日(日)に開催予定です。最近、今年の夏まつりについてのご意見やご提案をいくつかいただきましたので、紹介します(まだ決定事項ではありません=皆様方からのご意見をお聞かせください)。

1 夏まつりへの参加者を増やしていくために

①この5月にオープンした「八国山たいけんの里」と連携して開催していく →北川+北山公園を第1会場、八国山たいけんの里を第2会場、(八国山を第3会場)としていく。八国山たいけんの里では「縄文火起こし」体験コーナーを設ける(その他のイベントについても検討)。

②夏まつりの周知活動を強化していく →市報への掲載、かっぱ通信への掲載、地域へのポスター貼付に加え、八国山たいけんの里でのPR、土曜講座やホームページでのPRなども行っていく。

2 サポートする人たちの負担感の軽減していくために

①北川カヌー遊びについて、午前、午後1時間程度で終了するようにする。「整理券方式」の導入についても検討していく。

②北川水中ウォークや北川カヌー遊び、八国山昆虫捕りハイクの時間帯が重複しないよう工夫する →個々のイベントにスタッフを手厚く配置し、夏まつりの記録写真についても撮ることができるようにしていく。場合によっては、水中ウォークやカヌー遊びについて1日1回の開催としていく。

③上記の効果により、ザリガニ釣りのサポート隊や北川水族館のスタッフに対してサポートを行うことができるようにしていく。

④なお、新たなよい企画があれば、新たなサポーターが実施していくことを前提に積極的に取り組んでいく。

3 地域への情報発信を強化していくために

①引き続きパネル展示を行っていくとともに、ブラックバス駆除対策についてもアピールしていく。また、記録写真を元に、ホームページやブログでその内容を公開していく。

②北川水族館の水槽を、夏まつり終了後しばらくの間、「八国山たいけんの里」に展示していくことを検討

4 出店、ライブについて、無理のない範囲で参加していただけるよう、全般的に見直しを行っていく

以上

 

|

« 多自然川づくりの報道、延期 | トップページ | たっちゃん池のブラックバスを考える意見交換会を開催 »

活動予定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の夏まつりについて:

« 多自然川づくりの報道、延期 | トップページ | たっちゃん池のブラックバスを考える意見交換会を開催 »